泉州水なす・水なす漬の北野農園

2023年11月23日、大阪府和泉市にある大阪府立弥生文化博物館で、「泉州地域の食と暮らし」というテーマで行われた令和五年度秋季企画展の一環で、吉見早生たまねぎの魅力や背景の復活について話された田尻町事業部産業振興課課長の加藤様と共に、泉州の水ナスに関する基調講演を行う機会をいただきました。

大阪府立弥生文化博物館

 

大阪府立弥生文化博物館エントランス

講演の内容は、水ナスの歴史、特に水の巾着系、中長系について10年くらい研究してきたことです! 私は泉州の水ナスについて、生産のかたわらずーっと情報を掘り下げてきたため、聴衆の皆様に対してかなり細かく泉州の水ナスに関する事実を共有することができました。

この日の参加者は75名に上り、皆さまの真剣なまなざしと熱意あふれる質問で、講演の空気が一層引き締まってテンションめちゃくちゃ上がりました。 皆様の熱心さは、私の発表内容に対する関心の高さを示していて、講演後の質疑応答では、多くの刺激的な 質問が飛び交いました。私自身、こんな熱意に満ちた反応を受けて、新たな学びと刺激を得ることができました。 普段は水ナスや大阪春菊の生産に携わる私にとって、公の場で話すことめったにないのでいい経験になりました。 講演の約1週間前からは、スタッフや家族に生産を委ね、資料作成やこれまでに 調べた情報の整理に専念しました。

 

この講演は、単独での成果というよりは、まわりのみんなの協力があってこそ成功したものです。 今後もこのような機会を活用し、私たちが農業現場で感じていることを整理し、 共有していきたいと考えてます。  このような経験は、私たち生産者の農業に関するさまざまな取り組みをさらに前進させるための大きな励みとなります。 大阪府立弥生文化博物館